お悔やみの言葉の注意点とタイミングについて

「お悔やみの言葉」とは、葬儀に参列した際遺族へかける言葉のことを示します。

一般的には「この度はご愁傷様でございます」や「お悔やみ申し上げます」と伝えるのが一般的です。

では、なぜお悔やみの言葉を伝えるのか、伝えるタイミングについてはご存じですか?

今回はお悔やみの言葉について、ご紹介致します。

■お悔やみの言葉の注意点

勘違いされている方もいるのですが、お悔やみの言葉=励ましの言葉ではありません。

以前葬儀へ参列した際、遺族へ下手なアドバイスや励ましの声かけをお悔やみの言葉としている方がいらっしゃいました。

アドバイスや励ます行為は遺族の悲しみを深くさせるだけです。

お悔やみの言葉は短く小さめの声で伝えるようにしましょう。

■お悔やみの言葉を伝えるタイミング

まずは斎場へ到着後、受付の方にお悔やみの言葉をお伝えください。

受付の方は故人と家族や親戚にあたる遺族の方が多いです。

その後、喪主やご家族の方など故人と近い間柄だった方にお会いした際、お悔やみの言葉を伝えましょう。

お通夜や葬儀当日は準備や参列者の対応で遺族の方はバタバタしています。

無理に声をかけて足を止めさせることはせず、タイミングを見計らって声をかけましょう。

■言葉や言い方には気を付けよう

お悔やみの言葉にもマナーがあります。

言い方1つで遺族を悲しませたり怒らせてしまったりする場合もあります。

しかし、お悔やみの言葉を言わずに斎場を後にするわけにもいきません。

言い方や言葉に気を付けましょう。